無添加にこだわったおすすめの葉酸サプリをランキングでまとめてみる前に





ですが葉酸サプリはあまり無添加にこだわりすぎると良いものが見つかりません。
なぜなら、肝心の葉酸が合成のものでないと妊活の役には立たないからです。

ランキング紹介前にそういったことも解説した上で妊活にオススメな葉酸サプリを紹介していきます。
良ければぜひ参考にしてみて下さい。

無添加の葉酸サプリではだめなの?

前述した通り、無添加にこだわりすぎると妊活の役に立つ効果的な葉酸サプリは見つけづらくなります。
だからと言って安全性を軽視しているわけではないですよ。



妊活時には400μgの葉酸を毎日摂取することが望ましいとされ、産婦人科や厚生労働省などでも推奨されています。

ですが、無添加のつまり天然の葉酸でこの量を摂取するとなるととても大変なのです。
なぜなら天然の葉酸はポリグルタミン酸型の葉酸で、このタイプの葉酸は人体ではほとんど吸収されないからです。

吸収できるのは良くて4割ほどと言われています。
つまり、摂取しても半分以上は吸収出来ずに排出されてしまっているのです。


なので、より吸収率の良いモノグルタミン酸型の葉酸が妊活時には推奨されているのです。
このモノグルタミン酸型ならば8割以上の吸収率があるので、摂取した葉酸の大部分を有効に活用することができます。

そうして充分な量の葉酸を摂取することで胎児の先天性異常を予防するなどの恩恵を受けることが出来るのです。

ですが、モノグルタミン酸型の葉酸は自然には存在せず、摂取するには合成で精製するしかありません。


無添加にこだわるとこの合成のモノグルタミン酸型の葉酸が利用できなくなってしまいます。
なので無添加にこだわりすぎるのは葉酸サプリの場合は良くないのです。


ただ、合成の葉酸だからと言って危険があるわけではありません。
少なくともこのサイトで紹介している葉酸サプリでは、厚生労働省が安全だと認めた成分のみを使用し、定められた厳しい基準を遵守して合成の葉酸を製造しています。

なので、合成の葉酸と言えども人体に影響はありません。もちろん胎児にもです。
合成の葉酸を摂取することは厚生労働省でも推奨されていることなので、安全性は折り紙付きです。
もちろん、上記の基準を遵守した上で製造されたものに限られますが。

ですので、これから紹介する葉酸サプリランキングには合成や、添加物が含まれる葉酸サプリも入っています。
ですが、決して安全性に問題があるわけではなく、むしろ安全性をとことん追求して作られているよなものばかりですのでその点は安心して参考にしてみて下さい。




安全性にも拘ったモノグルタミン酸型の葉酸サプリ第1位 ベルタ葉酸サプリの特徴






ベルタ葉酸サプリの特徴をまとめると

・厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸400μg配合(酵母葉酸100%)
・ビタミンミネラル27種類、鉄分20mg、カルシウム232mg、アミノ酸20種類、野菜21種類、美容成分6種類、DHA、EPA、ラクトフェリン、ベビーコラーゲン配合
・妊活、妊娠に必要な栄養素を高配合
・第三者機関による放射線濃度検査、残留農薬試験済
・つわりの時でも飲みやすいよう粒の大きさや匂いを徹底追求
・無添加で過剰摂取にも配慮
・医薬品製造のGMP認定工場で生産
・出産経験のある社員によるフリーダイヤルでのお客様サポート
・葉酸サプリ売上、満足度、人気度1位
・受け取りはかさばる段ボールケースではなく袋ケース

となります。


価格 5980円
評価 98点
備考 送料無料、税込み。定期コースだと33%オフの3980円



安全性にも拘ったモノグルタミン酸型の葉酸サプリ第1位 ベルタ葉酸サプリの総評


吸収効率の良いモノグルタミン酸型の葉酸を400μg配合し、ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウムと妊活に必要な栄養素を数多く配合。

それに加え、製造はGMP認定工場で天然、無添加にこだわっての製造と機能性、安全性ともに葉酸サプリとしてほぼスキのないサプリです。

無添加でないのはモノグルタミン酸型の葉酸のみであり、無添加に拘りたい方にもおすすめとなっています。

唯一のネックは値段の高さですが、それも定期便を利用することで軽減可能です。

特別な理由がない限り、葉酸サプリならこれを選んでおけば間違いないでしょう。

ベルタ葉酸サプリの公式サイトはこちら




安全性にも拘ったモノグルタミン酸型の葉酸サプリ第2位 AFC葉酸サプリの特徴






AFC葉酸サプリの特徴をまとめると

・厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸400μg配合
・厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に対応したカルシウム・鉄分・8種のビタミン・4種のミネラルを配合
・日本で口コミ件数も多い葉酸サプリ5年連続1位を獲得
・放射性セシウムスクリーニング検査実施
・飲みやすい小粒の錠剤タイプ
・色・香りの変化を抑えるため原料レベルでコーティング
・開けやすく携帯性に優れ、外に持ち歩いても違和感ないデザインの容器
・他の葉酸サプリと比べて価格が安く圧倒的なコストパフォーマンスを誇る

となります。

価格 1800円+税
評価 90点
備考 送料無料、購入後加入できる会員限定の定期便でさらに割引可能



安全性にも拘ったモノグルタミン酸型の葉酸サプリ第2位 AFC葉酸サプリの総評



AFC葉酸サプリの最大のメリットはその価格の安さです。
さすがにベルタ葉酸サプリと比べると葉酸含有量以外では見劣りこそしますが、
葉酸自体は吸収効率の良いモノグルタミン酸型ですし、他の栄養素も妊活には最低これだけは欲しいという栄養素を抑えてあります。

唯一のネックは添加物を使用している点。
とはいっても添加物は厚生労働省が安全だと確認したものだけを基準に従って使用しているので安全性に関しての心配はいりません。

それでも、この添加物を安全が確認されているのならいいかと割り切れるかどうかが一つの判断基準になると思います。無添加に拘りたい方ならなおさらでしょう。

割り切れない場合はベルタ葉酸サプリをおすすめしますが、もし割り切れるならAFC葉酸サプリは他の葉酸サプリでは真似出来ない圧倒的なコストパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

そういう意味で2位にランクインさせました。

何度も言いますが添加物を使用しているものの、妊活に使われる葉酸サプリとして安全性には徹底的に拘って作られているサプリです。
この点に不安があるならぜひAFC葉酸サプリの公式サイトを見てみて下さい。


AFC葉酸サプリの公式サイトはこちら





安全性にも拘ったモノグルタミン酸型の葉酸サプリ第3位 ベジママの特徴






ベジママの特徴をまとめると

・葉酸400μg、ピニトール260mg、ルイボス50mg配合
・初回購入全額返金保証
・放射性検査、残留農薬検査済
・医薬品製造のGMP認定工場で生産


価格 5500円
評価 85点
備考 送料無料、税別、定期便だと初回のみ50%オフ。2回目以降は15%オフの割引がある



安全性にも拘ったモノグルタミン酸型の葉酸サプリ第3位 ベジママの総評



ベジママの特徴はモノグルタミン酸型の葉酸を推奨量摂りつつ、ピニトール、ルイボスを摂取できることです。

ピニトールは妊活がうまくいかない方に不足しがちというデータがあるカイロイノシトールという成分を生成してくれる成分と言われ、海外でも注目されています。

ピニトールが気になるならベジママも選択肢に入ると思います。


ベジママの公式サイトはこちら





一番おすすめなのはやっぱり1位のベルタ葉酸サプリ!


ここまで、ランキング形式で3つの葉酸サプリを紹介してきましたが、
その中でも一番おすすめしたいのはやはり1位のベルタ葉酸サプリですね。



ベルタ葉酸サプリに使用されているモノグルタミン酸型の葉酸は吸収率が高いですが、本来自然には存在せす、合成でしか精製出来ませんでしたが、ベルタ葉酸では精製方法に天然酵母による分解という極めて天然に近い精製方法で作られています。

なので合成でしか精製出来ないモノグルタミン酸型の葉酸でもベルタ葉酸のは安心して摂取することが出来ます。

さらに葉酸以外の栄養素も豊富に含まれています。ただ豊富に入っているだけでなく通常の食生活で摂取しやすいものは少なめに、摂取しにくいものは多めにと言った具合に配合量を調整しているので、普段の食事と合わせて飲んでも過剰摂取になりにくいようにバランスが取られているのも見逃せない特徴です。

ビタミンなどは妊活にも必須の栄養素ですが、種類によっては過剰摂取すると妊娠に良くないものもあったりするので摂り過ぎに注意が必要なのですが、ベルタ葉酸サプリの場合はよほど偏った食生活を送らない限りは気にしなくてもOKなのです。


葉酸サプリで迷っているならベルタ葉酸サプリはぜひチェックしてみて下さいね!


ベルタ葉酸サプリの公式サイトはこちら




メニュー